引越しの見積もりなら引っ越しスペース。わずか1分でぴったりの引越し業者が見つかります。

さぁ、引越し業者を選ぼう!引っ越しスペースTOP後悔しない引越し屋さんの選び方おすすめ!引越し業者ランキング引越し業者資料一括請求引越し業者一覧引越し料金を安くしよう!簡単!引越し料金の仕組みガイド引越料金をお得にするヒント集訪問見積りとはインフォメーションコーナー引越し見積り業者様募集ご利用規約会社概要お問い合わせ広告掲載
後悔しない引越し業者の選び方
引越し業者を選ぶときのチェックポイント

引越し業者を選ぶときの最低限のチェックポイントとして以下の4つを挙げることができます。

引越しというのは1件1件の条件(時期、場所や荷物の量etc)が違いますし、営業担当や作業員のスキルも人によって異なるので、非常に可変的(運任せ的)な要素があります。

当日たまたまスキルの高い作業員が担当 ということもあれば、新人がということもありえます。
この部分だけは当日蓋を開けてみるまではブラックポックスですが、以上の4点から業者の良し悪しを想定することができますのでご参考になさってください。

こんな引越し業者には注意!

引越し業者のトラックのナンバーが白だった

引越し業者のトラックのナンバープレートの色で悪徳業者かどうかが判断できるって知っていましたか?
通常引越し業者のナンバープレートの色は緑色の一般貨物自動車運送事業者用のプレートか黒色の貨物軽自動車運送業事業者用のプレートのどちらかです。
それ以外の黄色や白色のナンバー等は陸運局より許可の下りていない業者となり違法という扱いになります。(※但し、陸運局の許可がおりている場合は白ナンバーでも問題はありません。その際、許可証を保持しているはずですので提示して貰って下さい。)
尚、違法な引越し業者を利用した場合、その業者による物損や紛失等のトラブルは補償を受けることができません。さらに違法な引越し業者を利用すると利用した側も違法となり罰せられてしまうので注意しましょう。

内金・手付金を要求してくる

手付金・予約金などは、国土交通省が定める「標準引越運送約款」に基づき原則、禁止されています。
悪徳業者は「手付金」「予約金」「仮契約金」等、当り前のように請求し、引越し前に依頼者側から料金の一部を受けとることで、キャンセルのしづらい状況を作る場合がありますので気をつけましょう。
但し引越し料金の前払いについては違法ではありません。契約の際に渡される引越し約款を確認しておきましょう。

「引越し運送約款」を提示しない

国土交通省が出している「標準引越運送約款」というものがあります。
これは引越し業者が見積もり時に必ず提示する義務があります。
約款には一部下記のような内容が記載されています。
●見積もりは、基本無料
●内金・手付金は払わなくてもOK
●引越しのキャンセルは、2日前までならキャンセル料は無料。
●引越し業者によって家財や部屋に傷がついたり破損した場合、
引越しから3ヶ月以内であれば補償される その他にも記載されてありますので見積もり時に引越し業者が提示する約款を確認しておきましょう。