引越しの見積もりなら引っ越しスペース。わずか1分でぴったりの引越し業者が見つかります。

さぁ、引越し業者を選ぼう!引っ越しスペースTOP後悔しない引越し屋さんの選び方おすすめ!引越し業者ランキング引越し業者資料一括請求引越し業者一覧引越し料金を安くしよう!簡単!引越し料金の仕組みガイド引越料金をお得にするヒント集訪問見積りとはインフォメーションコーナー引越し見積り業者様募集ご利用規約会社概要お問い合わせ広告掲載
引越料金をお得にするヒント集
荷物を減らそう

自分で包装資材を用意しよう

スーパーなどに足を運びこれらを自分で用意すれば、低価格で済みます。
積み重ねが節約への一歩です。

・段ボール箱(大) -300~400円
・段ボール箱(中) -200~300円
・段ボール箱(小) -200~300円
・ガムテープ -150~250円
・布テープ -500~550円
・ビニールひも -1000~1200円
・エアキャップ -3000~5000円

時期を考慮しよう

進学、就職、転勤の時期である、3~5月は1年の中で一番引越が多い季節なので、当然、引越費用が値上がりします。大半は、金・土・日曜日に集中するので、春の週末は引っ越し業者にもよりますが、割高になるケースが多いです。また、引っ越し時間は遅くできるなら遅くするのが安く済むこともあります。寒冷地では12月~3月いっぱいなど基準運賃の20%増などにもなるようです。また予定日は可能なら複数候補をだし、料金を比較することをお勧めします。
また、たとえ「土日祝日料金」などを設けている業者でも、 予約が少ない日であれば一件でも多く予約を確保しようとするので、 料金交渉に応じてくれる可能性が高いです。
初めから「土日や月末は高いから」と諦めずに、 まずは希望する日で見積もりを取ってみることが大切です。
その意味でも、複数の業者に見積もりを依頼することはとても重要なのです。

予め荷物を整理しよう

荷物が少なければ引越し料金も安くなります。
方法としては
・引越し業者に処分してもらう
・リサイクルショップに買い取ってもらう
・ネットオークションにだす
・粗大ゴミとして出す
等があります。
早めに引っ越しの準備を開始し、時間に余裕を持たせ、引越し業者の処分費用とリサイクルショップの見積もり費用を比較するとよいでしょう。